パンの作り方

   

パンの作り方

大まかなパン作りの流れです
パンの作り方

●材料を測る
主な材料は、強力粉・イースト・塩・砂糖・水・油分(バターなど)です。

●材料を混ぜ合わせて、こねる
油分以外の材料をボールに入れて混ぜ合わせて、こねる。
全体的に滑らかになったら、油分を入れてさらにこねる。

●生地を発酵させる(1次発酵
滑らかになった生地をボールに入れて、温かいところにおいて
1.5倍くらいになるまで、置いておく。

●生地を分割して、休ませる(ベンチタイム
大きくなった生地を作りたい大きさに分割して、キレイに丸めなおして
乾かないようにして、しばらく20分ほど休ませる。

●焼きたい形に整える(成形
丸い小さなパンにするなら、キレイに丸めなおす、
食パンにするなら、型に入れる
ジャムパンなどにするなら、具を入れて丸める。

●オーブン皿にのせて、再び温かい場所に置いて発酵させる(2次発酵
ここでも元の生地より、ふっくら大きくなるまで
温かい場所に置いておく。

●オーブンで焼く。
オーブンをあらかじめ温めておいて、焼く。

このような流れでパンが焼きあがります。
それぞれの工程の中にも、色々な方法があります。

材料が違えば、出来上がりも違いますし、
パンを発酵させるイーストを何を使うかによっても、
味が変わってきます。

それらの違いを楽しめるようになってくると、
ますますパン作りも面白いものになりますよね。

大まかな流れをつかんで、パン作りを楽しみましょう。

 - パン