米粉パンは、ふわふわともちもちの食感が楽しめます

   

米粉パン出来上がり3

今日は、ふわふわともちもちの食感が楽しめる米粉パンです。

米粉パン焼き上がり

焼き立ては、もちろんふわふわですが、
次の日でもふわふわの食感が楽しめる米粉パンになっています。

 

ふわふわもちもちの米粉パン

米粉パンの材料

強力粉      150g
米粉(パン用)  100g
インスタント
ドライイースト 小さじ1
スキムミルク   小さじ2
砂糖       大さじ1
水        180cc
(水分は、夏場と冬場で小さじ1ずつ、調節してみてください
夏場だと、185cc、冬場だと200cc近く入れても大丈夫な時もあります。
粉っぽさがなくなって、こねられるようになるくらいまで水分をいれます)
バター      10g(生地に入れる分)
20g(切れ目にのせる分)

米粉パンの作り方

1.強力粉・米粉・スキムミルク・インスタントドライイースト・
砂糖・塩をボールに入れて、少し混ぜ合わせてから、水分を入れる。
ひとまとまりになったら、台の上にだしてこねる。

きれいにひとまとまりになってきたら、バターを加えて
さらによくこねる。
こねあがったr、ボールに戻して、1次発酵をさせる
(ホームベーカリーで1次発酵までさせても可)
1次発酵

 

2.温かい場所または、オーブンの発酵機能を使って発酵させる。
夏場の温かい部屋で30から40分。
冬場は、50分前後
1次発酵終わり
これを5等分にして、軽く丸めて、生地を休ませる(ベンチタイム)
この後、またきれいに丸め直すだけなので、10分ほど休ませるだけで大丈夫。
ベンチタイム

3.生地を休ませたら、オーブン皿にきれいに丸め直して、並べて、発酵させる(2次発酵)

4.再び、温かい部屋かオーブンの発酵機能を使って発酵させる(2次発酵)
こちらも、夏場の温かい部屋で30分ほど。
冬場は、発酵機能を使って40分前後
2次発酵が終わったら、真ん中に切り目を入れて、バターをのせる。
米粉パンを焼く前

5.210度に温めておいたオーブンで12分焼いて、出来上がりです。
米粉パン焼き上がり2

まとめ

焼き立ては、ふわふわですが、
次の日もふわふわともちもちの食感がありますよ。

トースターで軽く温めると、さらにふんわりな食感になります。
シンプルにそのまま食べるも良し、お好みのジャムなどをつけるも良し
このシンプルパンにハムなどはさむもよし。

お好きな食べ方を楽しんでみてください。

 - パン, パンのレシピ