ドラマ99.9の再現料理「深山風エビとセロリの水餃子」

      2016/07/04

水餃子の出来上がり

松潤のドラマ99.9の再現料理の2品目です。

今回は、「深山風エビとセロリの水餃子」なのですが、

セロリが苦手なので、セロリ・きくらげ無しで作る事にしました。

これで、深山のこだわりレシピの再現になるのでしょうか?

16-7-2g

 

 

ドラマ99.9の深山こだわりの「エビとセロリの水餃子」

材料

豚ミンチ  150gぐらい

むき海老  小さなパック容器1パック分

餃子の皮  一袋

しょうが  親指の半分くらいの大きさ

茹でた枝豆 お好みで適量(茹でてさやから出しておく)

 

作り方

1.むき海老を細かくきざんで、まな板の上でたたくように細かく刻む。

しょうがは、細切りにする。

むき海老としょうが

 

2、1と豚のミンチ、塩コショウ、お酒を入れてしっかりと混ぜ合わせる

具材をすべて混ぜ合わせる

 

3.中身をギョウザの皮で包んでいく

皮で包む

 

4.ギョウザの皮の真ん中に具材をおいて、皮のふちに水をつけて、半分にくっつける。とじ目は、しっかり閉じておく

茹でた枝豆も一緒に包む(枝豆無しも作ってます)

枝豆入れ過ぎると、包みにくくなります。

中身と枝豆

 

ギョウザを包んだところ
ひだを3つ作っていますが、なしでもいいと思います。

5.鍋にお湯を沸かして、包んだ水ギョウザを入れて、茹でる。
鍋で茹でているところ
沸騰しているところに入れて、もう一度沸騰したら、火を弱めて、5分ほど茹でる。
豚肉なのでしっかり茹でるのを忘れずに

しっかりとお湯をきりながら、お皿に移したら出来上がりです♪
水ギョウザの出来上がり
 

まとめ

水ギョウザの出来上がり2
エビを入れたことで、プリプリの食感の水ギョウザに仕上がりました。
お肉だけだと、しっかりとしたミンチの食べ応えになるんやけど、
エビが入ることで、ぷりんとした歯ごたえがうまれます。

中身がお肉だけよりも、ぷりっとした食感が楽しめるので、
また、作ってみようと思います。

夏場は、焼きぎょうざよりも、茹でてさっぱり食べられる水ギョウザをおススメします

エビを細かくしなければいけませんが、それが出来れば
後は、包んで・茹でるだけなので、カンタンに出来上がりますよ。
水ギョウザの出来上がり3
枝豆は、みどりが入ることでいろどりよく見えるので、
あれば入れた方がいいかもですね。

これにセロリの香りときくらげの食感がプラスされたら、
深山こだわりの水ギョウザに変身ですね。

あー、こんな料理を松潤に作ってもらいたい。
きっと美味しいだろうな。

セロリが苦手でなければ、一度試してみてもいいかもしれませんね。
うちは、子供達も私も苦手なので、ちょっと遠慮させて頂きますが・・・

 - お肉料理, ごはん, パンのレシピ