ストレート法の良いところ

      2016/10/21

バターと小麦粉

これまでのパンは、ストレート法と呼ばれる方法で
作ってきています。

ストレート法とは。

空と小麦粉
ストレート法とは
すべての材料を一度に混ぜ合わせて、
作っていく方法です。
このストレート法の良いところは、
一次発酵、二次発酵と2回の
発酵なので早く作れます。

そして、
小麦の味を楽しめるパンが出来上がります。

3~4時間で焼き上げる事が出来ます。
(発酵時間が短いパン、ベーグルなど)

ストレート法の欠点。

エスプレッソ
欠点は、焼きがった後、パンの老化が早いという事。
老化が早いという事は、パサパサになってしまうのが
早いという事です。

焼き上がりは、しっとり・ふっくらで
美味しいけど、次の日になると
なんとなく、パサついてるとなってしまうこと多いです。

このぱさついた感じにはやくならないようにと
試してみたのが発酵種を使う事です。

しかし、発酵種を使ってパンを焼こうと思うと、
種を前日から用意しておかないといけないので、
今焼きたいとなった時には、向いていません。

日持ちするパンを作りたくて発酵種を使ってみた

まとめ。

ストレート法は、出来上がりまでの時間が短い、
小麦粉の風味が楽しめるという利点が
ありますので、
その時の状況に合わせて、
パン作りを楽しめるといいですよね。

 - アレンジ, パン