藤原竜也ドラマ「そして、誰もいなくなった」第4話

   

藤原竜也ドラマ

藤原竜也ドラマ「そして、誰もいなくなった」第4話のあらすじです。

元の恋人新一(藤原竜也)に疑われて、ホテルの部屋から飛び降りてしまったはるか(ミムラ)の
葬儀が地元でしめやかに行われていた。

そこの出席する小山田(玉山鉄二)と新一の母(黒木瞳)は、二人で話をする。

その頃新一は、行きつけのバーテンダー(伊野尾)の家で過ごしていた。

偽物の新一と弁護士の西条を待ち伏せして、二人と話をする。

偽物の新一にある人物を紹介してもらい、そこへ向かう新一

そこには、見覚えのある人物と会社の後輩が居た。

ここで、新一は後輩から今まで知らなかった婚約者早苗(二階堂ふみ)の事を知り、

真実を確かめるために早苗のものを訪れる。

しかし、そこにいたのは大学時代の親友斉藤であった。

取り乱している斉藤は、新一に向ってくる、もみ合う二人。

手にしていたナイフが斉藤に刺さってしまい、

そこに寄り添う新一の姿を見てしまう早苗。

警察に犯人は、新一だと伝えてしまう。

この先、新一はどうなってしまうのでしょうか?

今回の話は、ちょっと??ってところが多いように思えました。
この話がどう繋がっていくのか、次回に期待します。

 - 藤原竜也, 藤原竜也出演ドラマ