パンに塩が無いとべたつきの原因になります

      2016/09/18

パン塩なし2

パン作りも少し行いやすくなってきた
2016年秋ですが、
気温も下がってきたし、こねる時の水分も気を付けてる、
それなのに、まだべたついて上手く出来あがらない。
そんなことは、ありませんか?
パン塩なし2
そんな時は、材料を見直してみてください。

少し気温が下がっても、まだべたつく時の原因は??

それは、材料がすべて入っているか、
今一度、確認してみてください。

強力粉・ドライイースト・塩・砂糖・水分が
主な材料となってきますが、すべて入っていますか?
忘れているものがあれば、生地がまとまりにくくなり
べたつきの原因となります。

塩を忘れたら、まとまりのないべたついた生地になります

小麦粉に水を加えて、こねるとつくられるグルテンですが、
そのグルテンに塩が加わると、グルテンの力が強くなり、
生地にねばりがでて、発酵の時に生地をふくらませる事が出来るのです。

塩を忘れてしまうと、そのグルテンの力が発揮出来なくて、
生地にまとまりがなく、べたついてしまうのです。

材料を量る時に、砂糖量も多いので忘れることは
無いと思いますが、
塩も忘れずに、量りいれてくださいね。

でも、こねていて生地がまとまらないなと
思った時にしか、忘れたことに気が付かないんですよね。

パン塩なし1

まとめ

材料を量りいれる時には、
慣れるまでは、一つ入れては確認!と
していくと入れ忘れを防ぐことが出来ますよ。
 
当たり前の事を一つずつ行うことが大切になります。

 - パン