パンに生クリームを入れると、ソフトな食感に焼きあがる

      2019/04/04

生クリームパンタイトル

パンを作る時に加える材料の一つに生クリームがあります。

この生クリームをパン生地にを加えるとどんな効果あり、
どのような焼き上がりになるのでしょうか。

生クリームの効果について考えていきたいと思います。

牛乳

生クリームとは。

生乳・牛乳から乳脂肪を取り出して、
その乳脂肪分だけを原料にして作ったものを
「生クリーム」と呼んでいます。

「ホイップクリーム」と呼ばれるものは、
乳脂肪に植物性の油脂が加えられたもので、
生クリームでは、ありません。

 

生クリームとホイップクリームの異なる点

生クリームは、コクがあって、口どけが良い
ホイップクリームは、あっさりとしています。

価格

生クリームの方が高いです。

ホイップクリームは、安くて日持ちがします。

パン生地に加えると得られる効果。

● クラスト(パンの外側、みみの部分)が柔らかくなる。

● ソフトな食感に焼き上がる

これが大きな
生クリームを2点の効果です。

やわらかいソフトな食感を求めるなら、
パン生地に生クリームを入れて焼いてみて下さい。

生クリーム食パン

パン生地に入れる量。

パン生地の30%くらいまで入れると、
高い効果を発揮してくれます。

しかし、もっと柔らかくしたいからと言って、
それ以上の量を入れてしまうと、
パン生地がねっとりとなってしまい、
食感が悪くなってしまいます。

ですので、生地の量に対して
30%以上入れるのは、おススメできません。

少なすぎても効果が出ませんので、
5%くらいは入れてみてください。

 

まとめ

パン生地に生クリームを入れると
クラスト(外側)がやわらかくなる。
ソフトな食感に焼き上がる。

しかし、入れすぎると生地がねっちょりしてしまいます。

生地の量に対して、30%とまでがおススメです。

やわらかいパンがお好みならば、
生クリームを入れてみましょう。
生クリーム食パン

 - パン