秋から冬にかけて、パン生地を作る時に注意する点

   

パン生地乾燥のアイキャッチ

暑い夏が過ぎて、過ごしやすい季節になってくると、
パンも焼きやすい季節になってきます。

暑い時期は、生地がだれてしまったり、
発酵のスピードが早くなってしまったりと
していましたが、気温が落ち着いてくると
パンも焼きやすくなります。

しかし、気温が下がると共に、
部屋の湿度も下がってきて、乾燥がちになります。

そんなときのパン生地を作るうえで注意する点について
調べていきたいと思います。

 

気温と湿度が下がる季節。

秋から冬にかけての季節は、気温も徐々に下がってきます。

部屋の気温が下がるのは、発酵が進むスピードが
ゆっくりになってきて良いのですが
気温だけでなく、湿度も下がってくるのには、注意です。

湿度が下がる→パン生地の表面から水分が蒸発しやすくなる
→生地が乾燥してしまう。
こんな事になってしまいます。

生地が乾燥すると、焼いたときにパンが膨らまない
原因の一つになってしまいますので、
パン生地の表面の乾燥には、気を付けてください。

麦

特に気を付ける時。

ベンチタイムを取るために、小さく分割して、
そのままベンチタイムを取りますよね。

この時にちょっとの時間だから、このままでいいかなどと思わずに、
●ボールをかぶせる。
●ラップをかける。
●乾いたフキンをかけて、その上から硬く絞ったフキンをかける。

このような方法をとって、パン生地を乾燥から守ってあげてください。

決して、短時間だからと言って、
そのまま置いておかないでくださいね。

部屋が乾燥していると、すぐに丸めたパン生地の表面が
カサカサしてきますから。
乾いた花

このベンチタイムでパン生地の表面が
乾燥してしまうと、次の成形で生地を伸ばす時に
伸ばしずらくなってしまいますので、
ここでの乾燥は、次の工程にも影響がありますので、
生地を大切に扱ってみると良いですよね。

他には、仕込み水の温度の調整も必要になってきます。
仕込み水の温度が低いと、捏ね上がりの温度にも
影響が出ますので、温める必要も出てきます。

仕込み水の生地はこちら

まとめ。

せっかくパン生地が上手く捏ねあがって、発酵も出来ても、
その次に生地がいたんでしまったら、
美味しいパンが焼きあがりませんもんね。

暑い季節が過ぎて、秋になると
美味しい食材も沢山出てきます。
カボチャに栗にリンゴやさつまいも。

パンの具材になるものも多いですよね。
色んな種類のパンを焼いて、秋を満喫してみませんか。

パン生地を扱う時に少し優しく扱うと、
美味しいパンが焼きあがりますよ。

 - パン