手ごねパンの作り方

   

手ごねパンのタイトル

パンを焼こうと思った時に、まず手で捏ねるパン作りからの
スタートが多いのではないでしょうか。

しかし、レシピ本を読んだだけでは、
捏ね方を理解するのは、難しくありませんか

何度がチャレンジすれば、コツが掴めます。

手ごねパンの作り方を紹介したいと思います。

手ごねパンの作り方

材料をボールに入れる

強力粉などの材料をボールに入れる
水分を入れて、軽く混ぜ合わす
ボールの中で一つにまとまったら、台の上に出す。

この時、まだ手に生地が付きやすいですが、
生地がまとまってくると、手に付いた生地も取れてきますので、
どんどんと捏ねていきましょう。

ポイント:始めはべとべとしていますが、徐々にまとまりが出てきます。
     まとまってくるまで、生地を台の上に伸ばすイメージで。

手ごねパン生地

滑らかな生地になるまで捏ねる

台の上に出したら、手のひら(特に親指の付け根あたり)に
力を入れて、生地を捏ねていく。

捏ね始めは、生地にまとまりがないですが
捏ねていくうちに、生地にまとまりが出てきて、
なめらかな状態になってきます。

生地の一部分だけ捏ねるではなく、
全体的にまんべんなく捏ねたいので、
前に押し出したら、生地を90度回す工程を加えて、
生地を全体的に捏ねましょう。

2~3分では、滑らかな状態にはなってきません。

根気よく、何度も何度も台の上に
パン生地をすりつけるイメージで捏ねてみてください

ポイント:生地の一部だけ捏ねるのでは無く、全体まんべんなく捏ねましょう。

捏ね方は、すりつけ方式

生地を台に叩き付ける捏ね方もありますが、
生地の中の水分がとんでしまいます。

生地を台の上に擦り付ける方法をおススメします

生地の扱いに慣れないうちは、生地が手について
捏ねにくい時もあるかも知れません。

でも、何度も同じ捏ねると言う作業を繰り返していくうちに、
力を入れる部分や力の加え方が分かってきます。

生地が切れやすかったり、もそもそとしている間は、
捏ねが足りていません。

伸びやすい生地を目指して、同じ作業を繰り返してください。
手ごねパン生地

ポイント:一度や二度でマスター出来なくも、諦めずに
     何度もチャレンジすることを忘れないで

 - パン